王家の紋章はいつまで続きいつ終わるのか?何巻まであるのか

「王家の紋章」は古代エジプトへタイムスリップした少女がエジプト王の妃となり次第に運命を受け入れていく様を描いた壮大な歴史ロマンスです。

この漫画を読んだのは小学生の頃でした。

特に思い出すこともなく過ごしていたのですが最近、なんとこの「王家の紋章」がまだ完結していないことをしりました。

え!!!マジですか?!

だって「王家の紋章」の連載が始まったのは1976年なんです。

現在2020年なので連載開始から44年も経ってますけど!!

と、いうことで「王家の紋章」一体、いつまで続いていつ終わるのか?今何巻まで出ているのか?など色々と調べてみました。

「王家の紋章」は現在何巻まで出ているのか?

王家の紋章の連載が始まったのは1976年10月。

秋田書店の「月刊プリンセス」に掲載されていました。

翌年に単行本の第1巻が発売されています。

そして今年2020年の6月16日になんと第66巻が最新刊として発売されました。

いや~長い!

普通は完結してから文庫本が出たりしますが長すぎてもう文庫本も出ちゃってます^^;

まぁ少年野球漫画の「ドカベン」が46年間で205巻まであったことを考えるとまだまだですが、「王家の紋章」は発売のペースが遅いんですね。

「王家の紋章」はいつまで続く?いつ終わる?

44年間続いていても発刊のペースが短ければ読者も飽きないと思うのですがなんせペースが遅い上にストーリーが進まない^^;

ネット上には悲痛の叫びで溢れています。

自分が生きている間に完結するのだろうか、という心配をしている人もかなりいました。

ここまでくると心配になっちゃうのも無理ありません。

でも、「王家の紋章」の作者の細川智栄子あんど芙〜みん(細川さんの実妹)の年齢はなんと今年でな、なんと

85歳!

妹さんは80歳!

ちょっとちょっと~これはそろそろ終わらせてくれないとこの先が心配です。

最近の巻ではあまりに場面を引っ張りすぎだという読者の声もあります。

 

とにかく、1シーン、1エピソードに無駄にコマを使いすぎ、いちいちコマを大きく取りすぎ。 例えば、ヒロインがショックを受けるシーンが、ちょっとずつ角度を変えて、見開き3~4コマ (計6~8ページ) とか、ストーリー上、数コマでも済むようなどーでもいいシーンですら、ダラダラと同じような画とモノローグを何度も繰り返す。
「あーた、そのセリフ、10ページ位前にも言ってましたけど」 …というのが、4、5回繰り返されて1冊終わってしまう感じ。

 

高校生の頃、周りの漫画好きの間では「王家の紋章」は絶対に完結しない漫画扱いでした。
生意気な書き方ですが「風呂敷を広げ過ぎて畳むのは無理」だと、友人達と話していました。
文庫版も出版されているみたいなので、久し振りに読んでみたくなりました。

こんなにもたくさんのファンがいる「王家の紋章」。

どうか未完で終わることだけはないように願いたいです。

 

王家の紋章,いつ終わる,何巻まで
最新情報をチェックしよう!